元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ

  1. トップページ
  2. 活動報告&ブログ
  3. 元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ
  4. 7/20 九州北部豪雨災害現場視察「日田市・東峰村」

投稿日:2017年7月24日

7/20 九州北部豪雨災害現場視察「日田市・東峰村」

続いて、朝倉市から日田市と東峰村へ。

途中、日田市、大分県日田市大肥:瀬部踏切付近の様子。

IMG_3170 IMG_3171 IMG_3189

線路は流され、流木などが線路をふさいでいます。近くの用水路は破壊され原型がない状態・・・・。

次に、東峰学園に設置されているボランティアセンターへ。東峰村は宝殊山地区と小石原地区と道路も電車も寸断されているため、2か所に分かれてボランティアセンターが設置。毎日、100人程度のボランティアが来ているとのことですが、必要な人数は、毎日150人程度。連休中や土曜、日曜日は多くのボランティアが来てくれているが平日が少ない。東峰村は、電車が寸断されており運休のため、車などで来れる人だけとしんどい状況です。
その中、福岡国際大付属高校の高校生が毎日50名近く来てくれているそうで、大変助かっているとボランティアセンターで聞きました。

IMG_3296 IMG_3324

久留米から来られたボランティアの方やや熊本市の社協事務所長と話をしているとなんと二人とも防災士とのこと。 私も、防災士ですというと、これからも助けてください。よろしくと声をかけていただきました。こんなにたくさん防災士の仲間がいること。ボランティアされていることに感動!!

その後、東峰村役場の災害対策本部へいくと、外でこれから現場へ向かう澁谷村長と遭遇。辻元清美衆議院議員と一緒にお話をお伺いし、詳しい話は、岩橋副村長からお話をお伺いしました。村長や副村長のお話では、「今回の災害は、ただの水害ではなく、流木を含む土石流が被害を大きくした。間伐をしないから、木が育たない。根が浅い。地面に日が差さないので下草も生えない。地面が大量の雨を貯めることができず、表面を削りながら流れてしまう。森がきちんと育っていれば、間伐を行っていれば、ここまで被害が出なかったのではないか、国をあげて林業の再生、森の再生が必要です。ぜひ、よろしくお願いします」ということでした。
これは、高槻市でも起こり得るそして、全国でも同じ問題ではないでしょうか。

IMG_3363 IMG_3369

以下の写真は小石原鼓地区の様子。ここも流木と巨石が流されてきて、道路や河川の護岸、住宅や、車なども流されたり。現在も国土交通省や建設業者など全力をあげて復旧をめざしている最中です。まだ、片づけをしているおうちもあり、このあたりは、大変な被害を受けていました。

IMG_3472 IMG_3498 IMG_3426 IMG_3455 IMG_3509 IMG_3511 IMG_3516

 大分県日田市大肥:大鶴踏切付近の現場を最後に、視察。JR日田彦山線は、夜明~添田まで全面運休中。線路がながされたり、流木がまだ、線路上にあったり、駅付近が土砂災害にあったりとなかなか復旧は見込めない。
 IMG_3586

IMG_3587 IMG_3603

 しかしながら、これからは、台風シーズンも来る。一刻もはやく、復旧をしなくてはならないが、秋田県や新潟県でも豪雨災害にあっている。
 豪雨災害への取組として堤防強化や、浸水対策も必要ですが、今回のような流木による土砂災害対策、橋の対策、そして何よりも避難をもっと早くできる体制づくりが必要だと思います。
 

↑ このページの最上部へ戻る

コメントを残す

↑ このページの最上部へ戻る