元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ

  1. トップページ
  2. 活動報告&ブログ
  3. 元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ
  4. 2015年8月の記事一覧

2015年8月の記事一覧(12件)

投稿日:2015年8月11日

民主党大阪府連「安倍政権、国民無視は許さない!」

8月10日夕方18:00~天王寺駅前にて民主党大阪府連メンバーで「強行採決は国民無視!」抗議の演説会をおこないました。

奥野前大阪市議、平田高槻市議、そしてわたくし元気!モリモリ!もりもと信之、そのあと、尾立参議院議員、堀川市議会議員で天王寺周辺のみなさんに「安倍政権が進める安全法制はまったくもって国民に対してきちんと説明していない」「集団的自衛権の行使は邦人が海外で米軍の艦船で救出してもらった場合、その艦船が敵国に攻撃された場合に自衛隊がその敵国を攻撃するという説明はありえない説明なんです。アメリカ人自国でも艦船に救出してもらうことはないと国務省がきちんと説明しているです。そんなウソの説明を国民にする安倍政権は絶対許してはいけません。後方支援が戦闘行為ではないというこの政権。銃弾も武器ではない。消耗品だからというもうわけのわからん説明を繰り返しているのが今の政権です。どうか安倍政権やこの安全法制について一緒に反対をしめしましょう!民主党も尾立参議院議員、辻元清美衆議院議員先頭にわたしたち地方議員も一緒にちからをあわせて、国民のみなさんと一緒に戦ってまいります。どうか一緒に戦ってまいりましょう!」と訴えてまいりました。

IMG_2958
コメント(2)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2015年8月11日

「戦争と平和」展で改めて戦争反対!

8月9日~8月11日まで高槻市の生涯学習センター展示室にて「戦争と平和展」が開催されました。展示内容は、朝鮮半島の植民地~タチソ(高槻地下倉庫)~慰安婦など数多くのパネル展示がされていました。70年目の節目だからこそ、二度と戦争をしない、平和な国、日本を誇りに思えることを再度確認したい夏にぜひしていきたいです。

IMG_2954 IMG_2953
コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2015年8月11日

元気モリモリ!議会報告NEWS Vol.1

>> 元気モリモリ!議会報告NEWS Vol.1 (PDF形式:約1.2MB)
  [2015年8月10日発行]

20150805gikai01_01

20150805gikai01_02

 

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2015年8月9日

原爆投下70年目の広島の日、改めて平和を願ウ。

爆投下から70年を迎えた8月6日に広島市の平和記念公園で平和記念式典が開かれました。松井一実広島市長は平和宣言で「核兵器は非人道性の極み」と語り、武力に依存しない安全保障の仕組み作りを各国に求めた。

安倍晋三首相は「核兵器のない世界の実現に向け、一層の努力を積み重ねていく」と述べ、今年秋の国連総会で新たな核兵器廃絶決議案を提出すると表明。一方で、少なくとも1996年以降、歴代政権が広島の平和記念式典で言及してきた「非核三原則の堅持」については触れなかった。原爆症の認定申請に対しては「一日も早く認められるよう審査を急ぐ」と語った。とのニュースが流れました。

国会でも核兵器の輸送ができるのではないかとの指摘に、非核三原則が国是であるから議論する余地がないとか、わたくし総理大臣がそのようなことはないと言っているからないのだ!というまったく説得力のない言葉でごまかそうとしている。

とにかく戦後70年という年にこのような安全法制の問題を大転換しようとしている安倍政権対して、じわりじわりと国民の間からも不安と批判が増えていることは間違いない!

いまここでしっかりと頑張らないと、70年前に戦争で犠牲あった方々に対して本当に申し訳ないと思う8月6日でした。

 

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2015年8月8日

地元「北清水夏祭り」に参加。

今日8月8日(土)夕方から地元の北清水夏祭りがおこなわれました。「そろそろ夏祭りへいこう!」とおもいきや突然の雷とゲリラ豪雨。「夏祭り無事できるだろうか?」と心配いたしましたが、まったく大丈夫でした。

議員になってはじめての地元夏祭りに参加でしたが、地元のみなさんから当選してよかったね!とか頑張ってる?など温かいお言葉をいただきました。

地元のみなさんからは、府道6号の道路整備の件やコミュニティーバスの件、北清水小学校の避難場所として土砂崩れなどの地域になっているが本当に大丈夫かなどたくさん、ご意見いただきました。地元のみなさんのお声を聞いて、「元気!モリモリ」になれた夏祭りでした。

IMG_2950
コメント(1)

↑ このページの最上部へ戻る