元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ

  1. トップページ
  2. 活動報告&ブログ
  3. 元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ
  4. 「たかつきにコミュニティーFM放送局を!」講演会&上映会

投稿日:2015年8月31日

「たかつきにコミュニティーFM放送局を!」講演会&上映会

8月30日、NPO法人高槻ブロードキャスト主催、高槻市後援にて、クロスパル高槻5F視聴覚室にて講演会「ラジオのチカラ。」松浦さと子(龍谷大学)先生、「ガレキとラジオ」映画の上映会が行われました。

コミュニティFMとは「10%のラジオ、90%のコミュニティ」という言葉。コミュニティーFMは、ラジオから流れる情報だけでなく、そこには、そのラジオを聞いているリスナー、住民とのコミュニティーがあるし、なければ、コミュニティーFMは成り立たない!

「ラジオのチカラ」の映画をみて、南三陸町の臨時災害FM放送局「FMみなさん」のラジオ番組を制作する市民の姿、また、それを聞いている市民との間を描いている。

なるほど、これがコミュニティFMとは「10%のラジオ、90%のコミュニティ」なんだ!!では、高槻市ではどうなんだ?ということを考えますと、少しずつ、広がっているって感じかな?でもたくさんの方からも絶対必要だと思うというお声を聞いてます!!

これからの方向性は、高槻市にコミュニティーFM放送局をつくる市民の会みたいな有志の会の立ち上げ、そして企業や団体に対して呼び換えが必要だと考えます。

みなさんもぜひ応援お願いいたします!!

↑ このページの最上部へ戻る

コメント(2件)

  • やっさん

    2015年9月3日 22:58

    高槻市でFM放送の早期導入を検討願います。

  • 貞岡 実 (NPO法人 M-CAN)

    2015年9月4日 1:32

    初めまして。茨木市総持寺地域を活動拠点している NPO法人 三島コミュニティ・アクションネットワーク(M-CAN/ミカン)の貞岡と申します。
    高槻、コミュニティFM局の設立に向けて頑張ってますね。
    M-CANでは、地域情報の発信、災害時の発信手段として以前ミニFMの開局を目指したのですが、電波が届かないとの理由で、5年前よりインターネットラジオを配信をしています。高槻ブロードキャストさんと言えば、赤大路でしたよね。すぐ近隣でこういう動きがあることに驚くと同時にスタッフさんの熱意と行動力に敬意を表します。
    頑張ってくださいとお伝えくださいませ。市民を大いに巻き込んで、「10%のラジオ、90%のコミュニティ」の実現に向け頑張ってください。応援しています。
    何かご協力ができることがあれば、お気軽にお声をおかけくださいませ。微力ですが、応援させていただきます。

    NPO法人 M-CAN 理事・ラジオ部
    担当 : 貞岡 実
    radio@m-can.net

コメントを残す

↑ このページの最上部へ戻る